偏頭痛は治せる時代【確かな病院で最高の医師選び】

仲間

頭痛の原因と対策

特徴と症状

男性

偏頭痛とは悩ましい頭痛の一つであり、持病として慢性的に発症してしまう方も多いです。頭の左右片方が痛み出すことが多く、眼精疲労を悪化させたような痛みや心臓が脈打つかのような痛みが数時間続くことが特徴となっています。男女関わらず発症する病気ではあるものの、女性の方の方が発症しやすいと言われています。偏頭痛は常時痛みを伴っているような病気ではなく、間欠的に症状が現れます。頭痛の回数は平均して一カ月に一回から二回程度ですが、多い人では一週間に一回から二回の頻度で偏頭痛に襲われます。言葉にすると「ガンガン」あるいは「ズキンズキン」と言ったような痛みが数時間から最大で七十二時間程度続き、場合によっては動く事すらままならない痛みになる事もあります。そして、最悪の状態になると寝込んでしまいます。頭痛以外の症状には吐き気や嘔吐、胃のむかつきなどが上げられます。この他、一部の感覚が先鋭化し、普段の生活では気にしなかった音や光などの刺激を敏感に察知してしまう事があります。少しの音でも五月蠅い騒音だと思ってしまい、僅かな木漏れ日でも眩しいと感じてしまうのです。

前兆症状と対処法

偏頭痛は前兆のある頭痛だと言われています。偏頭痛を患った二割から三割の人が、頭痛が起こる前に何らかの前兆を感じ取っています。最も多いのが閃輝暗点と呼ばれる症状です。目の前に明滅するカメラのフラッシュのようなものが現れた後、視野の片側もしくは中心が見えにくくなります。この他にも前兆症状は幾つかあり、手足が痺れる・聴覚や嗅覚などの感覚が鈍くなる・言葉が話しにくくなるなどがあります。このような前兆症状は十五分から三十分程度続き、その症状が治まると偏頭痛が始まります。偏頭痛は痛み自体は激しいものの、一端発作的な痛みが治まると後遺症もなく、まるで何事もなかったかのような状態になるのが特徴です。そのため、病院の診断を受けずに市販薬の服用のみで終わらせてしまう人も数多くいます。市販薬の服用で偏頭痛をコントロールできていれば問題ないのですが、頭痛の発症頻度や痛みの程度を見誤り、対処を怠ってしまうと偏頭痛そのものが慢性化してしまうリスクもあります。自己判断での対処よりも医師の診察が大切です。