偏頭痛は治せる時代【確かな病院で最高の医師選び】

仲間

頭痛の治し方

笑顔

頭痛の悩みを抱えている人がたくさんいますが、偏頭痛の痛みはかなり強烈であるため、悩みが深刻になりがちです。一般的に頭痛と言った場合、市販の鎮痛剤で対処することができる緊張型頭痛のことを指しているケースが多いですが、緊張型頭痛と偏頭痛は全く異なる種類の頭痛です。偏頭痛の痛みは、市販の鎮痛剤では抑えることができませんので、何度も強烈な頭痛発作を起こしている人は、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けるようにした方がよいです。偏頭痛の痛みは、脳の血管が拡張することによって引き起こされます。なぜ脳の血管が拡張してしまうのかという原因は今だに特定されておりません。しかし、精神的なストレスが引き金となって脳の血管の拡張が起こるケースがあるということがわかっています。ですので、大きな精神的ストレスを負っているという自覚がある人は、普通の内科ではなく心療内科を受診してみるとよいです。心療内科の中には、偏頭痛治療を行っているところがあります。精神安定剤などを服用することによって、頭痛発作の発症を抑制できるようになるケースが多いです。

偏頭痛というのは、読んで字のごとく、頭の偏った部分に痛みの症状が起こる頭痛です。多くの場合、目やこめかみの周辺に、立っていられないほどの強い痛みが起こります。頭痛と一緒にめまいや吐き気、光過敏などの症状が発生することが多いので、会社や学校を休まざるをえなくなってしまいがちです。しかし、頭痛発作が起こっていない時はいたって普通に生活することができるため、なかなか周囲の人から理解されにくいという難点があります。偏頭痛の症状がどれほど辛いものかを知らない人が大半ですので、サボりという誤解を受けたくないのであれば、学校や職場に診断書を提出してキチンと説明しておいた方がよいです。また、勤務先の会社に産業医がいる場合は、その医師とも面談しておくようにするのが望ましいです。いったん偏頭痛発作が起きると、その痛みが4〜5時間程度続くことが多いです。ただし、数日間痛みが続くケースもありますので、なかなか厄介です。目の奥をえぐられるような強い痛みと表現する人もおりますが、ズキンズキンとした拍動性の強い痛みが生じるという特徴があります。