偏頭痛は治せる時代【確かな病院で最高の医師選び】

仲間

頭がズキズキ痛む病気

楽しい女性

頭痛持ちという言葉が一般的になっているように、頭痛はある意味ポピュラーな病気です。その中でも、偏頭痛といわれるタイプの頭痛は、より辛い症状をもたらします。その症状とは、片側あるいは両側の頭に脈の動きに伴ったズキズキとした痛みが続くというものです。痛みは一度発症すれば数時間から1日以上続く場合もあり、頻度は月に一度から数度、週に一度、と人によります。痛みが酷いときには動けなくなるほどで、吐き気や下痢の症状を伴うこともあります。また、普段は気にならない光を過剰にまぶしく感じることもあります。この偏頭痛は、頭部の血管が広がり炎症を起こしたために起こるとされていますが、その理由についてはまだ解明されてはいません。推測として、女性に多く発症することから、女性ホルモンが何らかの影響を与えているという考えもされています。そのため、偏頭痛が起こっているあいだは、血管がより広がることのないように、できるだけ安静に努めることが必要です。痛む部分は冷却剤などでひやしておき、痛みがひくまで休みます。

あまりに辛い状況が続くようでしたら、もちろん病院へ行って診察を受けるようにします。偏頭痛は脳内部の異常ではなく血管の拡張によって引き起こされるものですので、CTスキャンなどで脳を診てもその病気だと診断されるものではなく、症状や問診により判断される病気です。そして偏頭痛と診断されれば、適切な薬物を処方することによって症状の緩和を目指します。薬物療法はふたつの手段にわけられ、まずは今現在起こっている痛みを軽減させる薬を処方する急性期治療が行われます。それに加える形で、痛みに備えておいたほうが良いと診断された場合には予防療法のための薬が処方されます。医師によるこれらの対策に加えて、自らでも日常生活において偏頭痛を和らげるために行っていたほうが良いことはいくつかあります。まずは空腹状態は頭痛を起こしやすいといわれているので、食事はきちんと決まった時間に適量を食べることです。そして、一定の生活リズムを守り、暴飲暴食、夜更かしといった行動は避けるようにします。または、継続的に服薬している薬によって偏頭痛が起こっている可能性もあるので、思い当たるところがあれば、医師に相談して薬を変えられないか相談してみるのも検討してみます。