偏頭痛は治せる時代【確かな病院で最高の医師選び】

仲間

ストレスが原因の辛い頭痛

女性

偏頭痛とは頭の中の血管が過度に拡張し、炎症を発症して痛みとなる病気です。主な症状として頭の片方または両方が、脈をうっていように痛みます。痛みが強い人の場合、仕事や家事に影響が出たり、一度横にならないと立っていられないと日常生活に支障が出る場合もあります。ムカムカしたり嘔吐に至ることもありますが、偏頭痛が原因で死亡に至るということはありません。痛みが治まってしまえば、普段と変わらぬ生活が送れます。個人差もありますが、偏頭痛は月に2〜3回、週に1回程度が急に発症するケースが一般的です。また過度のストレスから解放された後に、偏頭痛が出やすいとも言われています。頭痛の期間も個人差があり、数時間で治る人もいれば3日以上痛み続ける人もいます。偏頭痛は激しい痛みが来る前に、前兆を伴う場合があります。視野が欠ける・目の前で光が点滅しているような症状が現れると、その症状の1時間後ほどに偏頭痛の激痛が来るのが一般的です。ただし前兆の症状はいつも出るわけではなく、前兆を伴わずに発作的に痛みが来る場合がほとんどです。

偏頭痛の前兆とまではいかなくても、何となく頭痛が来るのでは、と感覚的な予感がすることもあります。疲労感が普段よりある、何故かイライラする、無性にお腹が空く、甘いものが欲しくなる、と言った「症状」とは呼べないも漠然とした感覚の後に、偏頭痛が発症することの方が多いのです。偏頭痛は男性より女性に発症することが多く、その理由は偏頭痛には女性ホルモンが関係している為と考えられています。またストレスも原因の一つであり、過度のストレスは頭の太い血管を収縮させ、その後過度に拡張させてしまいます。この血管の収縮と拡張により炎症を引き起こし頭痛が発生するのです。偏頭痛の対処法として、まず頭痛が出た場合は冷やすことが効果的です。血管の拡張により頭痛が起こっている為、氷枕などで頭部を冷やすことで血管が収縮し、痛みが和らぎます。また規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。特に睡眠不足は頭痛が発症しやすくなる為、出来る限り毎日同じ時間に就寝、起床する習慣を持つことが重要です。ただし休日の寝過ぎも、逆効果で頭痛の原因となりますので注意が必要です。